インナーチャイルドセラピー

インナーチャイルドとは、「内なる子供」と訳されます。

子ども時代の頃の記憶や心情、感傷の事を指します。

 

私達は無意識に子どもの頃の傷ついた心を抱いたまま

 

大人になってからも 毎日を過ごしています。



子ども時代の環境や経験によって
 
大人になった今の自分の思考や行動、価値観に

 

沢山の影響を与えています。

 

 


何をしても上手く行かない、満たされない

マイナスな気持ちがまたマイナスな出来事を呼んでしまう

 

ことが起きてしまいます。



幼い頃の傷ついたままの心でいると

その傷ついた心を守ろうと

どんどん本質から外れた道を生きていく、

ということになり兼ねません。

 


子どもの頃の記憶というのは、

はっきりと思い出せなくても、

自分の心の奥底にずっと残っているものです。

 

多くの場合、

子どもの頃の悲しい、寂しい、怖い 

 

などの出来事によって傷ついた

マイナスな感情を抑圧していることが多いと言われています。



このインナーチャイルドの存在に気付き、


少しずつ自分の中の傷ついた部分を認め

受け入れることができることによって、

今現在の自分を癒すことに必ず繋がります。

 

 

幼い頃の心の傷と向きあうのは悲しかったり、思い出すのも辛い方もいます。

 

全てを解消することは簡単なことではありませんが、

 

その気持ちや痛みに、気づいた時から

 

解消に向かって行きます。


その解消のお手伝いをさせて頂く為セラピーの1つです。

 

 

シフォンでは、その行動や感情が

 

あなたの過去の経験のどこから来ているのかを

 

カウンセリングして

 

その傷にあった解消法で癒して行きます。

 

 

その1つに、傷ついた頃の自分の気持ちに向き合ったり

 

その幼子に会いに行きます。

そこでの対話やセラピーによって傷を癒す方法です。

 

 

様々な手法を用いることが出来ますので、

 

傷つきすぎて向き合いたくない方、

 

フラッシュバックが怖い方にも可能なセラピーもございます。

 


ご自身のインナーチャイルドに向き合おうと思った時から

 

少しずつ楽になっていく実感があるでしょう。